ビジネス

ローンの審査で気になるのは在籍確認の電話連絡

カードローンなどのキャッシングや、住宅やマイカーなどの各種ローンに申し込むと、申し込んだ人が勤務する会社に電話連絡が来ます。審査では、申し込み内容に間違いがなく、実際にその人物が書類に記載された会社で働いているかを知るための手続きとして、電話をしています。審査のために電話をして、どんなことをしているのか事前に知りたいものですが、難しい内容のことは言っていないようです。会社の中には、電話に出る人が決まっているなどの事情から、申込者本人がすぐに電話には出られないということもあります。審査のために電話をする場合、金融会社はローンの審査をしていることを、会社に気づかれないようにしてくれます。会社の誰かが電話をとったときに、金融会社が事情を一から十まで説明してしまうと、機密保持の契約に違反することになります。これを避けるために、業者側は会社名を出さず、担当者自らの個人名で電話してくるケースが多くなっています。会社の名前は一切出さず、個人の名義で電話に取り次いで欲しいとかけてくるだけですので、勘ぐられることはありません。外回り中や、会議中などで、金融会社の電話があった時に、電話を受けられないこともあります。その会社に、申し込み者の名前の人物が間違いなくいることが分かればいいので、電話口に出ることができなくても、金融会社側の目的は達したことになります。休みの日は会社が閉まっていて、電話をかけても、誰も応対できないことがあります。今すぐに融資を受けたくても、会社が休みのために在籍を確認できないと、審査結果は翌日以降になる場合があります。安いレンタカー